ど素人おじさんの報告書WP

悲しいかな、我々「おじさん」の世代はかなりヤラレっぱなしのキビシイ状況が続いています。 しかしながら、まんざらすてたもんでもない部分も多少なりともあるはず。

*

スズキのスクータ、パレット4Gのエンジンオイル交換

      2015/11/12

LJ- / Pixabay

今年の春から娘が通勤に使っているのが、友人から譲り受けたというスズキパレット4Gですが、うかつにもエンジンオイル交換を行わず半年が経過してしまいました。
走行距離がおそらく5,500Km越えたのではと思われます。

最近のスクータは昔のように2サイクルではなく4サイクルエンジンなので、定期的なオイル交換が必要です。

ところでオイル交換の目安はというと、明確な目安はないですが、私の場合は約2,500~3,000kmでおこうなうべきと考えています。

事前の準備

今回、は前回のFTR223のエンジンオイル交換作業の反省から、オイルサーバーを調達しました。
税込130円の格安品でしたが、メモリがありませんので。水を入れて自力メモリ記入です。
image

エンジンオイルはホンダのE1で地元のホームセンターで税込800円です。
image
Amazonでは送料まで含めると割高かも知れません。

HONDA [ ホンダ純正オイル ] ULTRA E1 [ ウルトラ E1 ] 10W-30 [ SL ] 鉱物油 [ 1L ] (4サイクル用) 08211-99961 [HTRC3]

HONDAのE1オイルは原付用としてはおそらく最高の評価がされているオイルなので安心感があります。

作業をしやすくするために、センタースタンドの下にブロックを敷きました。
ドレンキャップは、センタースタンドの下あたりにあり14mmレンチ用です。
image

今回も廃油の受け止めに空の牛乳パック利用です。
いつものように養生シート代わりの新聞紙を敷いて作業開始となります。
image

実際の作業

14mmのドレンキャップを外してオイルを受け止めますが、ちょっとこぼれてしましました。
image
10分ほど放置して、オイルの切れを待ちます。

取り外したドレンキャップですが、先が黒くなって盛り上がっています。ここは磁石になっていて鉄粉を吸いつけてるんですね。
image

きれいに拭き取るとこんな感じになります。
おそらくですが、このスクーターにはストレイナーもしくはフィルターはないと思います。
image

オイルは真っ黒でした。
image

既定の700ccをオイルサーバーに入れます。
image

あれれ、このHONDAのE1はけっこう黒っぽいんですね。
image

あとは、パッキン換えしたドレンキャップを強すぎないように締めて規定量700ccを入れます。
ドレンキャップのパッキンは10mmネジ用です。

最後はエンジンを2分ほど回してゲージチェックです。
image

作業は約20分というところでした。
image

このバイク、もうすぐ20,000Kmの走行距離です。
次回からは、2,500kmのオイル交換を維持していこうと思います。

 - スクーターのメンテ, バイク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です