ど素人おじさんの報告書WP

悲しいかな、我々「おじさん」の世代はかなりヤラレっぱなしのキビシイ状況が続いています。 しかしながら、まんざらすてたもんでもない部分も多少なりともあるはず。

*

FTR223のスピードメーターの距離計が動かなくなったので格安品に交換してみました。が、深みにはまらずなんとかうまくいきました。

   

FTR223はすでに13年目に突入していて、おそらく走行距離は20万kmを軽く超えていると思われます。
実はが約10ヶ月ほど前、走行距離メーター(スピードメーターの)が193,162kmあたりで動かなくなってしまいました。
速度計やランプ類のウインカーシグナル、ハイビーム、ニュートラルは動きます。
走行距離メーターが動作不良になると、いろいろと不便なことが多いです。

そういえば、このFTR223のスピードメーターは純正ではなく、購入当時からトリップメーターは動作不能で走行距離メーターも45,000kmとなっていて、これはあくまでも目安だったということを思い出しました(笑)。
元の持ち主はドリルにスピードメーターを接続して手動でその距離までメーターを回したという自己申告ということでした。だから、実はFTR223は本当の走行距離はもっとすごいことになっているのかもしれません。

スピードメーターを交換すると、距離の信頼性の面から一般的に車やバイクは価値が下がることが必至です。
しかし、今の私のバイクFTR223はもともとの状態が距離不明なので全く問題ありません。ある程度動作してくれればいいのです。

購入時から装備されていて13年間使っていたのは、以下です。

バイク用 140km/h 機械式 LED スピードメーター 60mm レッド

価格は2022/6/19現在で5,990円です。

トリップメータのつまみはすでになくなっています。
湿気の多い日はガラス面がくもる場合もありましたが、12年間以上にわたり必要部分は動いてました。
ちょっと不満な点は日中ウインカーの点滅が判りにくいところでした。
ゆえに、ウインカーが点きっぱなしになることしばしばでした。
image

スピードメーターの調達

というわけで、格安のバイク用のスピードメーターを探しました。
オーダーしたのは以下です。

DELLIDELLING バイク用スピードメーター 最大速度表示160㎞/h 12V バックライト付き モンキー エイプ ダックス TW SR

価格はなんと2022/6/19現在で1,230円です。
評価はあまり芳しくありませんが、評価数は167もあり、そこそこのノウハウや失敗談も記述されているので、それを試してみる価値ありと判断しました。
指摘されている点は、以下です。

  1. 少なくとも40km/h以上では速度以上の表示の可能性
  2. 取扱説明書がない。
  3. 配線が判りにくい。または、おかしい。ヒューズが飛ぶ。
  4. トリップメーターのつまみが外れやすい

などです。

私の要望はそこそこのスピード表示と距離の測定が判ればよいので、この商品にしました。
万が一使い物にならない場合は、ダメージも軽いし。その場合はヤフオクかメルカル行きです。

商品はコロナの影響か到着が遅れて、注文から16日後に届きました。
image
9極カプラーが同梱されています。
「誰でも簡単取付!初心者初心者でも安心」と商品ページでうたっていますが、これはとんでもない話です(笑)。配線コードの内容は謎ですね。ページではコードは7本ですが送られてきたものは8本で黒が1本多いです。これは想定内です。レビューでも数多く指摘されていました。
やはり取扱説明書は入ってませんでした。

配線はレビューから総合的に予測すると

  • 黒3本:アースか?
    赤1本:バックライト(プラス)か?
    黄2本:左右ウインカー(プラス)か?
    青1本:ハイビーム(プラス)か?
    緑1本:ニュートラルポジション(プラス)か?

ということになりそうです。レビューを深読みすると、黒線3本が何のアースか?
この中にニュートラル専用のマイナスがあるかもしれません。

ちなみに、トリップメータのつまみは、ぎくしゃくしながらもなんとか4桁連動で動くのでひと安心です。

現行のスピードメータの接続状況を確認する

現行のスピードメータを外します。
13年の歳月を感じます。ビニールテープをはがすのに苦労しました。ベトベトです。
カプラ以外に別線接続が2本と未接続線が2本あります。
image
カプラが破損しないように慎重に抜きます。抜いた後はお約束のコンタクトスプレーを振りかけておきます。

外した現行のスピードメーターです。
image
カプラは6極で、今回購入したメーターの付属品とは逆側のパーツに接続されています。
以下の感じの接続で状態でした。
image

むむむ。購入したウインカー線は2本ですが、現行は1本です。

疑問な部分は別途接続のオレンジのスモール線(+)です。現行メーターを再接続してこれを試しに外してみたんですが支障はありませんでした。同じく別途接続の黒 スモールアース?も外してもつないでも変わりません。これも機能していないようでした。
機能していません(驚)。
ということは、たぶん走行中に両点灯する車幅ウインカーのことなのか?私のバイクはもともと点灯してませんが。。。。

ともかく元の環境のすげ替えのため、次に進むことにしました。

必要部品の調達

ホームセンターで必要部品は調達しました。

まずはもろもろの情報から、配線接続のまずさからヒューズが飛ぶような情報が散見されたので、
手持ちヒューズの予備が1個しかなかったので保険のため購入です。
image
5個入税込み280円です。以前はもっと安かった気がします。値上がりしたかもしれません。

次は6極カプラです。購入したメーターの付属品は9極で、しかも現行のメーターについている部品の逆側です。
image
税込み379円で、端子部品付きです。

次は別線の接続端子です。
今回はオスだけでよかったのですが、売り切れでした。
image
しかたがないのでセット買いでしたが安価です。12セットで税込み270円です。

事前工作

セッティングのための工作です。
まずはカプラの端子に配線をセットするため先端の板をニッパーで切り取ります。
image
対象は青(ハイビーム)、緑(ニュートラル)、で黄色(ウインカー)は2本まとめるためベットのやり方です。

こんな感じでまとめました。
青、緑はすでに端子装着済です。
image

で、黒配線(アース?)は3本まとめて別配線接続端子、赤(スモール?)も別配線接続端子セット完了です。
image

こんな感じの接続形態です。カプラはなんと上3つしか使いません。
image

仮接続で動作確認

配線だけ仮接続して各動作確認をします。
image

接続後、一瞬、うまくいったような感じでしたが、ニュートラルが点きっぱなしになりました。
やはり、3本にまとめた黒線のうちの1本がニュートラルのマイナスかも知れません。
あとは何の問題も無いようでしたが、念のためいろんなパターンを試します。

2本の黄色線:ウインカーのプラス?
どちらか1本だけでも正常点滅動作を表示します。どうするか迷いましたが、念のため当初通り2本まとめて接続します。

3本の黒線:何らかのアースなはずですが。。。
思った通り、一本づつ試し接続すると1本だけがニュートラルのマイナス線でした。
間違わないように丸めて印とし、これはカプラのニュートラルの下に接続します。
残り2本は接続してもしなくて関係ないようでしたが、念のため現行の接続にならってアース別線接続です。

赤線:スモール?
これも接続してもしなくて関係ないようでしたが、念のため現行の接続にならって別線接続です。
image

あとは丸め印を6極カプラのニュートラルのマイナスに該当の黒線取り付けて、
今度は動作確認OKでした。

最終的な接続形態は以下となりました。疑問は残りますけど。。。。
まぁ、とにかくまともに動けばいいんです。
本当にいいのかな?
image

使用感

まだ、走行距離は500Kmほどですが、

  1. レビューで数多く悪名高かった速度計表示は予想に反して少なくとも80km/hまではまともな気がします。
    いろいろ、知り合いに協力してもらって検証したんですが、嬉しい誤算です。
  2. ウインカー表示は現行のものより明るく点滅して、見落としがなくなりそうです。
  3. 夜間はバックがやや暗いかも知れません。私にとってはあまり支障はありませんが。。。
  4. 防水対策が強力とは言えません。ガラス面がくもることがありました。
  5. トリップメーターの動きがぎこちないです。壊れたら嫌なので丁寧にリセット回しをします。

ということで、今のところは満足いく結果となりました。

配線関係は、もともとFTR223の元の持ち主がいろいろとカスタムしているので標準とはかなり違う可能性もありますが、とにかくなんとかまともに動けばいいのです。

このメータ1,230円の格安品ですが、今後の耐久性、どこまで持つかが楽しみです。
私の場合、雨の日の利用が圧倒的に多いので。。。。

参考にされる方は、
あくまでも自己責任でお願いいたします。

 - バイク, バイクのメンテ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です