ど素人おじさんの報告書WP

悲しいかな、我々「おじさん」の世代はかなりヤラレっぱなしのキビシイ状況が続いています。 しかしながら、まんざらすてたもんでもない部分も多少なりともあるはず。

*

オーバーホールを検討の方に。試してみる価値ありかも?古くてやや調子が悪いバイクには燃料添加剤は効果抜群だと思います。

   

imageimage
私の生活の足のひとつとして活躍しているFTR223は、
車体番号がMC34-12XXなので2003年製のバイクになります。
購入時期は2008年の1月で、価格は10万円前半で格安だったため即買いでした。
走行距離約45,000km(メーターが)の中古で購入して、2022年3月11日現在で走行距離が20万Km目前です。

購入当初のFTR223は、あまり調子が良いとは言えませんでしたが、
様々なトラブルがを経て今も元気に走り続けています。

10万Kmを過ぎたあたりで、ハンドル、前後車輪のベアリングのオーバーホールを行いまいたが、
エンジンのオーバーホールはまだ行っていません。

最近FTR223はエンジンのカブリ感や信号待ち時のニュートラルギアでエンジンが停止する場面が多くなりました。

アクセルの調整やプラグ交換などの調整でやや改善はしたのですが、
どうもしっくり感がありませんでした。

やはり、そろそろオーバーホールかな?と検討していたところ、
購入当時のことをいまさらながら思いだしました。

燃料添加剤の投入です。
購入当時はこれで、劇的に改善しました。
今回も過去に利用した添加剤を投入することにしました。

今回も前回と同じ添加剤なのですが、添加量を計るために。。。

前回購入したものは、

AZ(エーゼット) 燃料添加剤 FCR-062 FP011 100ml

でした。
価格は2022/2/23現在で送料込みで789円です。

今回はおかみさんのハスラーの走行距離がすでに9万km台になっていたため、大きめの1L缶を共用のために購入しました。

AZ(エーゼット) 燃料添加剤 FCR-062 FP101

価格は2022/2/23現在で送料税込み2,768円でした。
メジャーカップ(100mlメートルグラス)付きは2,915円です。ちなみにこのメートルグラス単体は単体で421円です。

私は1L缶のみを購入しました。
しかし、以前使っていたメジャーカップはある時作業中に踏んで壊してしまい手元にありませんでした。
そのメジャーカップは百円ショップで購入したものでした。

到着したAZ(エーゼット) 燃料添加剤 FCR-062 FP101の裏面には添加量の一覧が記されています。
image
バイクは5Lで15mlです。

ところが、この15mlを計るメジャーカップが百円ショップにあると思ったのですが、
なかなかありません。
途方に暮れそうになったのですが、いいものを見つけました。
image

注射器状の注入器です。化粧品関連の容器のコーナーにありました。

使用感は私の購入したものはシリンダーがキツキツでした。
添加剤の粘度のせいなのか?個体差なのかもしれませんけどね。
ともかく、吸い込み感がキツキツのため注入器に吸い込み時に真空状態が発生します。
しかしながらこれを数回繰り返す何とか添加剤が吸い込まれます。
燃料タンクの注入時もやや力が要りますが、一発で注入することはできます。
慣れれば、便利な逸品です。

AZ(エーゼット) 燃料添加剤 FCR-062 FP101の使用感

それでは、このAZ(エーゼット) 燃料添加剤 FCR-062 FP101の使用感ですが、
ヘタリ気味だったFTR223は、なんと1回でキビキビと動くようになりました。
パワーアップとやや燃費向上感が実感できました。
念のため、その後3回の燃料補給時に投入を行いました。

あくまでも、私見ですがそこそこ動くのようになれば、燃料添加剤 の投与の必要性はない気がします。

ところでもうひとつの、走行距離10万Km目前のハスラーでの使用感では、
3回の燃料補給で投与を行いましたが、
所有者のおかみさんの弁では「変わらないよ」とのことでした。
状況を確認してみると、冬場でもおかみさんのハスラーは燃費22km/1L越えでした。
大事に乗っていて調子が良いので必要なかったということになります。

ということで、あくまでも、あくまでも、の私見ですが、
調子の悪いバイクや自動車にはある程度の効果があり、調子のよいものにはあまり意味がないという結論となります。

ちなみに、オーバーホールについてですが、
費用はFTR223の購入価格より高く、下手すれば2倍近くになる恐れがあります。
また、DIYですれば専用の工具も必要となる可能性があります。
ということで、このままFTR223をどこまで持つかわかりませんが、注意深く大事に使い続けようと思います。

お約束ですが、
参考にする方は、あくまでも自己責任でお願いいたします。

 - DIY, バイク, バイクのメンテ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です