ど素人おじさんの報告書WP

悲しいかな、我々「おじさん」の世代はかなりヤラレっぱなしのキビシイ状況が続いています。 しかしながら、まんざらすてたもんでもない部分も多少なりともあるはず。

*

FTR223の右ウインカーが突然点きっぱなしになり、いろいろ点検確認したんですが最後にたどり着いたのはウインカーリレーの交換でした。難易度は低めの簡単作業です。

      2022/07/11

2022年6月中旬ごろ雨の日が続いていたのですが、夜間にFTR223の右ウインカーが右スイッチを入れると点滅せずに点きっぱなしの状況になりました。
翌日、ハンドルスイッチの分解洗浄、配線の断線チェックを行ったのですが、効果なく、ウインカーリレーの不具合と想定しました。

FTR223は2008年中古で購入し、かれこれ14年目の20万km越えのバイクですが、これまでウインカーリレーを交換したことは一度もありませんでした。
ともかく、ウインカーの不具合は法令違反なので速やかな対応をしなければなりません。

ウインカーリレーの交換と聞くとレベルの高い作業のような印象を受けますが、実はそれほどの難易度はありません。

ウインカーリレーの調達

実はこれまでにウインカーリレーをほかのバイクで交換をしたことはありますが、購入したことはありません。
Amazonで検索すると1000円以下から4万円以上、と様々です。

今回もいつものように格安品をオーダーしました。

【ノーブランド 品】フラッシャーリレー 12V 2ピン オートバイ用 LED ターン シグナル ランプ 継電器

2022/7/5現在でなんと送料込みで230円です。

信じられない価格でしたがダメもとで即購入です。
商品は1週間で届きました。
image
届いたものは商品ページの印象とは違う感じでしたが、続行します。

取付セッティング

ウインカーリレーの場所は様々ですが、
FTR223のウインカーリレーの場所はタンク下にあります。タンクを外さなければなりません。

まずは、タンクを外すためにシートを外します。
image
タンクの固定は12mmのボルト1本です。

ボルトを外す前にタンクのコックをOFFにしてホースを外します。
image

留め具をペンチ緩めてずらして
image

ホースを抜く前に、ガソリン漏れ対応のため念のため汚れてもいいタオルをあてがいます。
image
image
でも実際はガソリンはほとんど漏れませんでした。

12mmの固定ボルトを外します。
image
汚れてますね。

タンクを外すと、ウインカーリレーが現れます。
やや右下の汚れている黒い物体です。
image
これも汚れてます。

余談ですがタンクは下の赤丸部分にタンク前部を差し込んで固定されていたのです。弾力性のある素材です。
image

やれやれ
ウインカーリレーは固着してなかなか外れません。
外した後は念のためコネクターにコンタクトスプレーを振りかけます。お約束です。
外したウインカーリレーの印字はほとんど判別不能で型番やら何やらわかりません。
14年の歳月を感じます。
image

接続して動作確認します。
image
OKです。点滅速度の変更も可能ですが、そのままでいい感じです。
ただし、ウインカーリレー特有のカチカチ音はしません。

まぁよしとしましょう。

あとは逆の手順で組み立てです。時間にして作業時間はなんと15分といったところです。

装着後、300kmほど走行しましたが、問題なしです。
どこまでもつか?

何かありましたら耐久性の報告をいたします。

参考にされる方はあくまでも自己責任で

 - バイク, バイクのメンテ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です