ど素人おじさんの報告書WP

悲しいかな、我々「おじさん」の世代はかなりヤラレっぱなしのキビシイ状況が続いています。 しかしながら、まんざらすてたもんでもない部分も多少なりともあるはず。

*

ZIG-ZAGローラー(巻きたばこの巻き器具)の布補修をやってみました。追記記事あり:2018/05/06

   

私は喫煙者です。

ただし、嗜んでいるのは巻煙草です。
巻煙草を始めてすでに10年が経過しようとしています。もう通常の煙草を吸うことができません。

私の巻き方ではコストがフィルター付きで約6円弱のコストになります。煙草の葉の量が少なく極端にふわっと巻くからかもしれません。ルパン三世に出てくる次元大介が吸っているあのフニャッとしたタバコをイメージ頂くと良いでしょう。
ただし、本当のところは次元大介が吸っている煙草はPALLMALLという銘柄です。しかもハードパッケージなんですけどね。

巻煙草は素手で巻く熟練者の方も多いのですが、私は器具を使います。

最初の頃は以下のような器具を使っていましたが、やはり耐久性の問題があり2ヶ月くらいでビニールが伸びたり破れたりしていました。

柘製作所(tsuge) ジグザグ レギュラーサイズローラー 78561

それから、下の器具に替えました。
私はあまり煙草の葉(ジャグ)が詰まりすぎているのが好みではなく、スカスカのふわっと巻けるのが好みなので、この器具はドンピシャでした。

極端な話、煙草の葉(ジャグ)なしで空洞で巻けるところがすごいところです。

柘製作所(tsuge) ジグザグ ローリングマシーン 78581

それから、6年ほどだましだまし使っていて、巻き布もボロボロになりました。
このような状況になって悩んでいる人がかなりいるのではないかと思います。この部分だけの部品は入手は不可能のようです。
image
こうなってしまうともう使い物にならない状態で、控えである下の非常用の器具を使って、1年近くが経過していました。
出張先で巻き器具(ローラー)を忘れて、購入したもので確か500円くらいだったと思います。
Amazonでは同一のものが見当たりません。布が滑らかで、変な力がかからないためか、かなりの耐久性があるのではないかと思います。
image
Amazonで近いものは

GIZEH(ギゼ) 手巻きタバコ用 レギュラーサイズ メタルローラー 7-20021-00

かも知れません。送料込みで860円なので、少しだけ高いかも知れません。

私にとってこの器具は、油断すると巻きが失敗してしまう確率が高くなってしまうのが難点です。まだ、コツがつかめていないのかも知れません。
それゆえ、慎重に巻いてしまうため時間がかかります。

今回、ふとしたことから修理に踏み切ったのは、このような布が手に入ればというところでしたが。。。。

なんと。ありました。下画像です。
image
そうです。百円ショップで数十枚組で売っているCD/DVDの袋型ケースです。

というわけで、さっそくDIYです。

布の形状サイズはメジャーで測ると、縦8.8cm、横7.8cmのようでした。

取り付け部分の「のりしろ」的な部分を考慮して、
縦10.5cm、横7.8cmで切り出しました。
ビニールの部分は取り除きます。
image
image
正確さを優先するため端の部分をそのまま残しました。ただしこの部分は固いです。

次に、ボロボロの布についている金具を外しますが、かなりきついので素手では無理です。

そこで、ロッキングプライヤーを使いました。便利な道具です。私のDIYの色々な場面で数多く活躍する道具です。
image
回転させながら、芯棒を抜きます。

芯棒を抜いてしまうと器具は楽に外れます。
image

外した金具にCD/DVDの袋型ケースの布を取り付けようとしますがうまくいきません。
image

しかたがないので、金具を強引にマイナスドライバーで広げます。
image

金属は柔らかく広げた部分は凸凹です(笑)。やばいかな。
image

今度は、難なく取り付けできます。
image

あとは、縦の長さと張りを調整します。
image

で、本体に装着します。
image
しかし、あれれ。。なんか違います。横サイズが違っています。ミスです。
横幅が6.8cmになっています(泣)。

足元が崩れ去る感じがしましたが、気を取り直して動作確認です。
image

かろうじて、巻きたばこは悪くない感じで出来上がりますが、巻き布が外れやすく実用的ではありません。
image

やっぱりやり直しにしました。動作をよく確認して、本体の部分も計測してサイズを検討します。

巻き布の幅は7.5cmが適切で、巻き布が横の部分に微妙に干渉するくらいがいいのかも知れません。
確かこのローラも、購入時に巻き布が横の部分にやや干渉していたような気がします。

あと、CD/DVDの袋型ケースの布の端の固い部分を避けて、柔らかい部分だけで再度の切り出しです。
image

再度やり直して装着して動作確認です。
巻き布が両サイドに軽く干渉しています。
image

動作はばっちりです。
ふんわり巻きのタバコガサクサク作れます。
これです。これです。
image

今回のDIYはかなり満足しています。

おそらく、世間では巻きたばこのローラー(巻き器)の巻き布の消耗・破損で悩んでいる方々はかなりいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

ただし、自己責任でお願いしますね。

追記記事です。耐久性に問題が。。。。。

この記事で紹介した「布の張り替え」には耐久性の面で問題があります。

image

約3ヶ月で布のフィルターにあたる部分が薄くなってきました。

分解して確認するとこんな感じです。
image

他に代用する生地は今のところ思い付かないので、またまた百円ショップで数十枚組で売っているCD/DVDの袋型ケースを使います。
ただし、今回は少し厚みがあるかもしれません。
右は前回と同じもの、左は今回使用のものとなります。
image

念のため使用中の布を取り外してサイズを測ります。おおむね縦10.5cm、横7.8cmは想定通りです。
image

縦10.5cm、横7.8cmに切り出して装着します。

取り付け金具はあらかじめマイナスドライバーでぐりぐり広げておきます。
image

のりしろを5mm程度折り曲げて金具に装着します。
image

最終的に幅7.8cm、縦8.8cmになるように調整します。
image

調整が完了したら、ラジオペンチで絞めます。固定です。
image

完了です。
image

動作確認しました。
スムーズな動作で、合格点です。
image

交換作業に関しては、15分程度なのですが、純正品は少なくとも6年超は耐久性があったので3ヶ月で布交換は問題です。

現在候補の布を物色中ですが、なかなか見つかりません。
どなたか、教えていただくと助かります。

 - DIY, 番外DIY

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です